ミライ先生の日直日誌

~Ms.Mirai's Day Duty Journal~

チャイナシルクでお姫様ドレス作ってみた♡

人間やればできます。


 なんの話かというと人間やる気と根気と集中力さえあれば短時間でも何かを成し遂げることができるという意味です!少なくとも私は何回か成し遂げました。

f:id:mirai_kyoushi:20190520163316j:plain

 ちなみに上の写真のドレス……3日で作りました♪いや~、アメリカやカナダでは卒業式とは別にプロム(卒業パーティー)というものがありまして……映画で見たことがある人はわかるかもしれませんがプロムでは女の子はドレスを着るんですよ。男の子は基本スーツでみんな同じような格好をしているのですが女の子は華やかなんですよね。西洋版成人式みたいですね。逆に欧米では日本のような成人式はありません。

 

 ……とにかくですね!プロムではみんな綺麗なドレスを着て自分をよりよく見せようと頑張るんですよ!モダン的なスラッとしたシルエットのドレスを着る子もいれば少しだけ古典的なフワッとしたドレスを着る子もいます。でも私はどのカタログを見てもビビッとくるドレスが見つからなかったんです。ディズニー映画『美女と野獣』みたいな素敵なドレスがほしい!できれば黄色と白でさわやかに!……でもない!あったとしても高い!そもそも私の理想と完璧に一致するドレスが存在しない!

 そ・こ・で!自分で作ることにしたんです。理想のドレスを。……大丈夫。ハイスクールでミシンの使い方は習った。家には昔ママンが使ったミシンがある。……オーダーメイド?その発想はなかった。そもそも自分で作れるのになんで大金払って誰かに作らせなきゃいけないの?それに高校生のおこづかいじゃ足りないよ。(中高時代、私はめったにお金を使わなかったため親からお金をもらうのを拒否していた。)

 

 というわけで4月の春休みに家族旅行で日本に行ったときにチャイナドレスと同素材の1m約3,000円の黄色のシルクを2~3mくらい買い(もっと欲しかったけど生地の残りが少なかったのです)、1m約1,000円の白いサテンシルクを2m買いました。更にウェディングドレスの型紙を買って、他のヒラヒラした服の型紙と強引に組み合わせて(ギャザーの部分だったから意外と上手くいきます)、2種類の高級な生地を用意していざ行動!材料費の合計は約一万円!

 

 あらかじめ金曜日に宿題を終わらせ、とある5月の週末に食事とトイレ以外は部屋に籠り黙々とミシンでドレス作りに励みました☆2日でドレスはほぼ完成。写真では見えませんが実は後ろの部分はまだ未完成です。ジッパー(チャック、もしくはファスナー)がついていない状態でした。あとは暇ができるたびにちょこちょこ仕上げをして完成!と、いうわけで実質3日で見事に理想のドレスを作りました♡はい皆さん拍手!(笑)

 

 プロムは都会の有名なホテルの一室を借りて行われました。(チケットが日本円で8,000円くらい。)肝心のプロムは料理はそこそこおいしかったですけどダンスの音楽が古くてイマイチでした(苦笑)。まあ、なにはともあれ私が初めて本格的に書いた小説『黄薔薇の姫』はこのプロムドレスなしでは生まれませんでした!今でも大事にタンスの引き出しにしまってあります。だって日本だとドレスを着る機会なんてめったにないんだもん(T_T)。友人の結婚式やいけばなのパーティで着るには派手すぎるし(笑)。

 

blogs.yahoo.co.jp

 

 なお、昔作った『未来小説家のブログ - Yahoo!ブログ』はYahoo!ブログのサービス終了に伴い削除されます。小説『黄薔薇の姫』はこのブログには掲載する予定はないため、読みたい方は今のうちに旧ブログで読んでください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 帰国子女(本人)へ
にほんブログ村